オナ指示を希望するJDにオマンコを弄るように指示をする

 店長の攻略方法に味をしめた自分、さらに快楽追求したい気持ちを強めていました。
Jメールにしろ、ワクワクメールにしろ、とても安全なサイトだから女の子たちが集まっています。
オナ指示欲しい女の子が、イッパイそこにはいるんです。
低料金で女の子とメール交換も可能だし、LINEさえ繋がってしまえば後は無料でやり放題。
さらなる快楽&別の女の子の肉体も楽しみたいため、メールを出し続けていきました。

 

 ワクワクメールでも手応えを感じることになりました。
オナ指示を希望する20歳のJDと、やりとりすることに。
陽茉莉ちゃんも彼氏がいない状態が続き、究極的にムラムラとした気分だったそうです。
「なんか、どうしても我慢ができなくて」と、言うので「LINEで話しながら気持ちよくなってみない?」と、提案。
「うん…」
返事をしてくれ、ID交換しました。

 

 菜摘ちゃんよりも性的な不満が強かったのか、瞬時に通話になっていきます。
「エッチな言葉を、たくさん言って欲しいです…」と、いきなりお願いされてしまい、テンションは上がります。
「ほら、どんなパンツか教えて?」
「薄いピンク地に、白の縞です」
「クロッチのところ、マン汁がついてない?」
「溢れているから‥染みています…」
想像するだけでも、興奮は強まってしまいます。
「陽茉莉の感じる部分を、パンツの上から刺激して」
「はい…あ…いい…ここ…」
即エロモードボイスにチェンジしました。

 

 女の子が気持ちの良い声を出すって、男の脳天を直撃するものがあります。
瞬く間に自分も興奮状態に突入し、オッキ始めました。
陽茉莉ちゃんに、オマンコを弄るように指示を出す。
「どんな感じ?」
「すごく良いです…」
「パンツ脱いで足を広げて」
「はい」
「ほら、見られているって考えて」
「は・ず・か・し・い…」
「皮から出してクリ刺激を」
「はい、あっああっ、はぁっ」
猛烈よがりが始まりました。
「すごくエッチで敏感なオマンコだね」
「うん、すごいよ…感じてるよ…マン汁がすごいの…」
エロい言葉まで使い、彼女は快楽を表現してくれました。
「もっと気持ちよくなりたいなら、センズリ鑑賞してみるかい?」
「は、はい、大きなの…見たいです」
初回からフルボッキのチンコを見せることにも!
さすがエロい女の子だ!
不満な女の子は最高だ!
こんなことを思いながら、躍起になってシコシコを見せていきました。

 

定番サイト登録無料

援デリ業者を避けてタダマン決めるならココ!

page top